解体・リフォーム・ハウスクリーニングなどをチェック!

この記事の所要時間: 155

解体・リフォーム・ハウスクリーニング

blue-88110_640売りたい物件が更地であれば考える必要もないのですが、建物単体か土地家屋一緒の場合には建屋をどうするかが問題となります。1円でも高く売るための手段として解体やリフォーム、ハウスクリーニングなどがあります。

古くて使えない家屋は解体した方がよい

そのままでも住むのに問題がないならよいのですが、ちょっとの修繕では済みそうもない家なら解体して土地だけにした方が不動産売却が円滑に進むでしょう。
解体費用は物件や業者によって差がありますが、概ね100万円からの金額がかかります。買い手にとっては新しく住宅を建築する際に邪魔になるだけでなく、余計な処分費用がかかることになります。

その手間と経済的負担を取り除くだけで、高く売れる可能性がでてくるのです。逆に、現状のままだと安くしないと売れない危険性が高まります。

新築と見間違えるリフォームも有効

建て替えるほどではないものの、生活感がにじんでいる物件の場合はリフォームが威力を発揮します。

どこまでリフォームするかは費用と効果を考えて決めるとよいでしょう。外観が古ぼけた印象なら外壁塗装やサイディングの張り替え、屋根をいまふうのガルバリウム鋼板にする手があります。

壁紙やフローリングの重ねばりだけでも内部のイメージは一新します。また、システムキッチンやユニットバスの交換も中古住宅・マンション売却ではおなじみの手法です。

ただ、あれもこれもやり過ぎると費用がかさんでしまい、新築を買った方がよいとなってしまいかねません。中古住宅・マンション売却の難しいところです。

最後はハウスクリーニングできれいに

プロのクリーニング業者に依頼すれば、汚れていた室内が相当程度きれいになります。掃除するかしないかだけでも見た目の印象は違いますから、不動産売却では重要になります。

料金は解体やリフォームに比べれば微々たるものです。どうしてもお金をかけたくない場合は、ハウスクリーニングだけでもよいでしょう。

不動産を探している人のニーズは多種多様ですので、中には古い家屋付きの需要もあるものです。手を加えることなく、多少安くなっても売れればよいという場合は、こうした顧客が不動産売却のターゲットになります。