測量費用をチェック!

この記事の所要時間: 142

測量費用

不動産の測量区分所有のマンション売却なら関係のない話ですが、土地の絡む不動産売却の場面でよく行われる作業に測量があります。自分の土地がどこからどこまでか知らないという人は少ないでしょうが、自分が思っている範囲がそのまま正しいものとして通用するとは限らないのです。

トラブル防止のためにも測量は大事

売却する商品が不動産という大きなものであっても、他の商品と同様に内容が明らかでなければなりません。たとえば、隣地との境界があいまいなままでは買い手もつかないでしょうし、もしそんな取引をすれば後で大きなトラブルを引き起こしかねません。

境界争いは相隣関係でのもめごとでよくあることですし、普段は問題にしていなくても不動産売却の話になれば確定させる必要があります。

ですので、買主側が権利関係をはっきりさせておくため、取引の条件として測量を求めてくることもよくあることです。

土地家屋調査士に知り合いがいなくても大丈夫

一般人が測量にかかわることは滅多にありません。当然、どこの事務所に依頼するのがよいかわからないケースが多くなります。登記を前提とする不動産売却をする際の測量は土地家屋調査士に頼むのですが、知り合いがいなくても仲介を依頼する不動産屋さんに相談すれば大丈夫です。

測量の費用はばかにならない

国家資格を持つ専門職である士業の報酬が自由化されている現在では、交渉によって出費をある程度おさえられるかもしれません。それでも、測量の費用はけっこうかかるものです。

測量の費用がばかにならないのは、物件によって作業の難易度が異なるうえに簡単な現場は意外と少ないことによります。従って、いくらかかるかはケースバイケースなのです。般的な宅地なら30万くらいはかかるものと思っていた方がよいでしょう。もちろん、これより高いこともありますし、運が良ければ安くすむ可能性もあります。

不動産売却の費用がなるべく安くすむように、普段から隣地境界をはっきりさせておくことも大事です。